お家計画

IHクッキングヒーターとガスコンロ。 選び方のコツまとめ。

こんにちは。

お家を建てたりリフォームするにあたり、キッチンは重要ポイントです。今はIHにするか、ガスコンロにするかで悩まれる方も多いのではないでしょうか。
私も悩んだ一人です。美味しいごはんを作りたい、でも掃除は楽な方が良い、けど色んな種類の鍋も使いたい等々。

twinkle
twinkle
そこで、最終的に分かったのは自分が重要視するポイントに当てはまる方を採用すれば良いんだと言うことを発見しました。

 

では、具体的にガス・IHの特徴をあげながらご紹介していきますね。

ガスコンロのメリット

 

鍋の汎用性

ガスと言えば火力の強さは間違い無いですよね。中華料理屋さんで、中華鍋を片手で振りながら炒飯を煽り炒めているところにはガスコンロがあります。それに、雪平鍋や耐熱ガラスの鍋、土鍋等も問題なく使えるのもガスコンロの良い点です。

火の通りが良い

また、ガスを利用すればオーブンも使えます。

うさ先生
うさ先生
安定した温度を保つ特徴のある、ガスオーブンで焼くローストチキンやグラタンは絶品ですし、ケーキもふんわり焼けます。

 

電気代を気にしなくて良い

もちろん、ガスですから電気代にもほとんど響きません。(コンロの点火時くらいはかかりますが。)家の中には、電気を使う家電製品がたくさんあるので、調理だけでも電気代が節約できるのは嬉しいですよね。

ガスコンロのデメリット

 

掃除が面倒

やはり、ここがガスコンロの難点です。五徳の上に鍋を乗せて調理するので、もし油が飛び散った場合の掃除は手間がかかります。

うさ先生
うさ先生
五徳を外して、クレンザー等でよく洗い、調理台自体も布で拭き掃除します。お掃除が苦手な方には辛い作業です。

部屋全体が熱くなる

ガスは、空気も温まるので、どうしても室温が暑くなります。

うさ先生
うさ先生
夏場は特に火を使うと汗だくになります。

 

一方冬は温まるのでありがたいのですが。

 

火が燃え移る危険性

ガスコンロの火力を強くすると、もちろん炎そのものが大きくなります。もし、近くに燃えやすい布、食品などがあれば燃えてしまいますし、壁にも火が移る危険性があります。

IHクッキングヒーターのメリット

火事になりにくい

IHの場合、炎は出ないので、他のものへ直ぐに燃え移るという危険性は少ないです。

部屋の温度に影響しにくい

IHはヒーターなので、鍋そのものを温めます。そのため、ガスに比べて周りの空気を温めてしまう力は弱めです。

うさ先生
うさ先生
夏場もガスに比べたらキッチンの体感温度は暑くなり過ぎません。

 

掃除が楽

キッチンメーカーのショールームで、アテンダントさんに伺ったら、

twinkle
twinkle
IHを選ぶ方のほとんどが、掃除の負担を減らしたくてこちらを選ぶそうです。

 

コンロを分解する必要もなく、拭き掃除だけでよくなるのは火家事の時短にもつながりますよね。

デメリット

IH専用鍋が必要

今までガスコンロを使っていた場合、IHにすると鍋の買い替えが必要になります。一般の鍋をIHで使うことができないからです。

うさ先生
うさ先生
特に、耐熱ガラス、アルミ鍋、土鍋は使えません。美味しい土鍋ご飯を炊きたい方、雪平鍋で煮物をしたい方にはちょっと辛いですね。

 

鍋ふりふりが役に立たない

ガスコンロのメリットで挙げましたが、ガスコンロでは鍋を片手で揺すりながらもう一つの手でヘラを持って混ぜるなど出来ました。しかし、IHはヒーターが平らなので、ヒーターから鍋を離してしまうと熱が逃げてしまい、鍋全体が温まらなくなってしまいます。あくまでも、鍋をヒータに置いたまま混ぜるようにしなければ、IHの熱を十分に活かすのは難しいのです。

見た目と実感温度の差に気づかない危険性がある

IHの場合、ヒーターが熱くなるのですが、実際に炎が出ないのが人の感覚を惑わせます。というのは、確かに温度設定のランプを見ればどの程度の温度になっているか分かります。しかし、IHを使い慣れていない人からすると平らなヒーター自体の見た目に変化がないので知らずに熱くなったヒーターを触って火傷をしてしまう恐れがあります。

twinkle
twinkle
実は、私自身も新居で生まれて初めてIHを使ったので本当に鍋に熱が伝わっているのか不安になり、ヒーターに手を近づけて火傷をしました。

 

IHはガスコンロと比べても火力が強いので短時間で調理できるほど強力なのです。ですから、火力(熱)の取り扱いには十分気をつけなければなりません。

最後はご自身が重要視したいポイントで

ここまで見てきて、あなたはガスとIH、どちらを好まれますか?

一覧にまとめてみますと次の通りです。

重要視するポイント ガス or IH
鍋を振りながら調理したい ガス
ロースト系料理を楽しみたい ガス
多種の鍋を気楽に使いたい ガス
片付けは主に自分の役割だから楽したい IH
火の始末が心配 IH
汗をかきながらの調理は避けたい IH

 

twinkle
twinkle
ちなみに、私は子供が生まれてから揚げ物をする機会が増え、どうしても片付けを楽したくてIHにしました。お陰様で、拭き掃除だけで済むので本当に毎日の家事の負担が減って幸せです。

とはいえ、人によって重要視するポイントは違いますし、ご家族のとの兼ね合いもありますから一概にどちらが良いとは言えません。ただ、今回ご紹介したポイントを参考にしていただければ、より快適な調理スペースを作ることには繋げていただけるのではないかなと思います。もし宜しければ、あなたのキッチン計画でガスがIHで迷われたら是非こんな見方もあるんだと判断材料の一つにしていただけたら幸いです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村