子育て関連

すぐできる!「ご飯に集中しない子供」が劇的に変わる方法6選。

すぐできる!「ご飯に集中しない子供」が劇的に変わる方法6選。
B子さん
B子さん
子供が集中してご飯を食べません。なかなか食べ終わらないし、ぽろぽろ食べこぼすし。
どうしたら集中してしっかりご飯を食べるのか知りたいんですけど。

今回は、こんなお悩みにお答えします。

twinkle
twinkle
この記事を書いております私自身は、双子の母親。働きながらほぼワンオペ育児をしております。

小さな子供と一緒にご飯を食べているとき、子供が『食事そのものに集中する』のは難しいですよね。

この記事ではそんな方向けに、私が実践して子供たちがご飯に集中できるようになった方法を解説していきます。
記事の始めは『環境』、続いて『姿勢』、最後に『食事』への興味について紹介してまいります。

本記事の方法は手軽に始められることばかりなので、是非お役立ていただければ幸いです。

周りの環境が気になる場合

この世に生まれてまだ数年しか経っていない子供にとって、環境は大切です。
環境がととのっていなければ、子供は食事に集中することはできないのです。

子供の食事環境のととのえ方

おしゃべりに夢中な時は食事へ意識を戻す

不安があるときは抱きしめて落ち着かせる

 

おしゃべりからご飯へもどる

子供がご飯に集中しないの理由に、『おしゃべり』に夢中になっていることがあります。

おしゃべりをしていると、本来自分がご飯を食べていたことを忘れてしまうからです。

twinkle
twinkle
お弁当や給食の時間にうっかりおしゃべりすぎて、気が付いたら食事の時間が終わってしまっていたという経験あったなあ。

子供の脳は発達段階。視野は大人の60%です。だからこそ子供は、おしゃべりに集中しはじめるとご飯どころではなくなってしまうのです。

そんな時は、子供に「いまは何の時間かな?」と声をかけてご飯に集中させてあげましょう。

 

気になる音からの解放

子供の目の前にご飯以外のものがないのに『』が気になってご飯を中断してしまうことがあります。

子供にとって初めて聞く音が生じたりしたりするとそちらに気を取られるからです。

twinkle
twinkle
例えば、外で救急車の音がしたり、犬が遠吠えしている声が聞こえたりすると。。
B子さん
B子さん
怖くて泣きだしてしまう、音が聞こえる方向を確かめたくて動きだす、ということがあります。

子供は音が気になると、ご飯に向かっていた気持ちが削がれ、違った感情にとらわれてしまうようです。

お子さんが怖がっているときはぎゅっと抱きしめて安心させてあげると効果抜群です。

言葉で「だいじょうぶだよ」と何度も伝えるより、パパ・ママの温かさのほうが安心してくれます。

twinkle
twinkle
抱っこをすると赤ちゃんがスヤスヤ眠るのと同じですね。

 

 

姿勢を正してご飯を食べる

食事をする上で、正しい姿勢では欠かせません。姿勢を正すだけで、子供の集中力は格段にアップします。

正しい姿勢でご飯をたべるメリット

自然とご飯に視線がいく
ご飯をこぼしさない

 

横向きから正面へ

子供が目の前のご飯ではなく、身体を『』に向けてしまっていることがあります。

理由は、正しい姿勢で食べようという意識がなく、左右の人や物に興味があるからです。

twinkle
twinkle
例えば、自分の横で食べている兄弟のご飯の量が気になったり、単純に身体を動かしていたかったり。

横を向いているのは、単純に自分が食べることに集中しようとしていないことのあらわれでもあります。

お子さんの席の後ろに立ち、いすごと正しい向きになおしてあげましょう。

口で「まっすぐ向きなさい」と何度もいうよりどういう向きならより食べやすいか、身をもって教えてあげる方が簡単に伝わるものです。

肘つきの防止

よく大人でも見受けられますが、子供が『肘』をテーブルについてご飯を食べることがあります。子供が肘をつくには理由があります。

子供が肘をついてご飯を食べる理由
・椅子が低すぎて足が床につかない
・テーブルが高すぎる

夫
こうなると、足が床につかない足がフラフラバランスがとれない自然とテーブルに肘をついて身体を支える となりますよね。

肘をついてご飯を食べると結果として姿勢が悪くなり、
・ご飯をこぼす
・犬食いになる
という悪循環になってしまいます。

でも大丈夫です。『お助けアイテム』を取り入れれば、肘つきはやめられます。

肘つきを解決する方法

という方法があります。

子供用のいすですと、左右にガードがあったりして正面を向きやすくなります。
姿勢矯正クッションであれば、自然と正しい姿勢で食事をしやすくなります。
そして、バランスクッションを使うと腹筋でバランスを取る・姿勢をよくする・食事に集中するという3つのメリットを得られます。

夫
現在、我が家では食事中・勉強中ともにバランスクッションを利用しています。お陰で目の前のこと(食事や勉強)に集中するようになりました。
twinkle
twinkle
ちなみに、私自身も食事・仕事中にバランスクッションを使っています。腹筋を鍛えられますし、腰痛予防にもなっています。

 

 

食べることへの興味

「子供は遊びの天才」というほど遊びが大好き。
だから、子供によってはご飯より遊びを優先する子もたくさんいます。

twinkle
twinkle
我が家も例にもれずです。
夫
さらに、ご飯のメニューの中に苦手なものが乗っていたら、子供はさらにご飯から遠ざかったいきます。

 

そんな状況を打破する2つの方法があります。

食べることに興味をもたせる方法

お腹をすかせておく
苦手な食材と仲良しになっておく

 

ご飯と遊びの優先順位

子供の中には食べることが大好きという子がいます。一方、遊ぶ方が楽しくてご飯より遊びを続けたいという子もたくさんいます。
なぜそのような状況になるのでしょうか。

子どもがご飯より遊びを優先する理由
・お腹がすいていない
・好きじゃない食べ物がある

お腹がすいていないと、
・ご飯の時間になってもおもちゃを片づけない
食べ物で遊びはじめてしまう
という事態になってしまいます。

食べることより遊びが楽しいというのには、子供なりの理由がきちんとあるからなんですよね。
言い方を変えれば、お腹を空かせ、好きな食べ物があれば遊びよりご飯を優先させられるということです。では、どうやってお腹をすかせればよいでしょうか。

お腹を空かせるためにできること

  • 運動をする
  • おやつを軽めにする

軽くお散歩をしたり、先ほどご紹介したバランスクッションを利用して親子でエクササイズするだけでも自然とお腹もすいてきますよ。また、お散歩は脳の発達にもよいので、おすすめです。
さらに、可能であればおやつを軽めにしておけばお腹は当然すいてきます。おやつを減らすさじ加減がむずかしいですが。。

twinkle
twinkle
お腹がすいていれば、ごはんを美味しく食べられるということを一度体験すると、子供なりに分かるようです。(我が家の場合です)

 

苦手なものと仲良くなる

子供のタイプは十人十色。

twinkle
twinkle
わが子も含めてですが、好きなもの以外食べない子供もいます。

好きなもの以外を食べない理由は様々。

好きな物以外食べない理由
・食感がどうしても苦手なものがある
・味が苦手で食べられない
・食わず嫌い

例えば、
・玉葱の触感が苦手で食べられない
・ピーマンの苦みが苦手
・食べたことのない魚を食べようとしない

というような光景は、よく見られますよね。家庭でもそうですし、保育園・幼稚園や学校でも。

twinkle
twinkle
好きでないものと向き合うのは、大人でもつらいので、子供にとってはさらにしんどいはず。

好きな物以外食べない子供にとっては、ご飯の時間が苦痛になってしまいかねません。

そんなつらい状況を打破するために、試す価値のあることが3つあります。

苦手な食べ物と仲良くなる3つのポイント

  • 苦手な食材を実際に調理して食べてみる
  • 野菜を栽培・収穫して食べてみる
  • 親が食べているのと同じものを一口分だけ分けてあげる

子どもが自分で作ったものは特別な味がするものです。

twinkle
twinkle
例えば、あなた自身が家庭科の調理実習で作った食事は特別な味がしたのではないかと思います。
夫
理科の時間に育てた野菜はいつもより甘かったという経験もあるかもしれません。

子どもも同じです。
自分にとって『特別な味』を経験してみることで、苦手なものを克服できる可能性はあるのですよね。

野菜の栽培で子どもの好き嫌いを改善する方法についてはこちらにまとめております。
宜しければご参照ください。

 

まとめ

以上、子供たちがご飯に集中できるようになる方法でした。

では、最後に簡単におさらいしておきましょう。

子どもがご飯に集中できるようになる方法

周りの環境をととのえる
・「今はご飯の時間だよ」と伝える
・時は抱きしめて落ち着かせる

姿勢をよくする
椅子ごと向きをなおす
・座高を調整:バランスチェア姿勢矯正クッションバランスクッション

食べることに興味をもたせる
運動でお腹を空かせる
・おやつの少なめに
・調理してみる
野菜を栽培してみる

twinkle
twinkle
是非、本記事でご紹介した方法を使ってお子様のご飯への集中力をアップさせちゃいましょう。

なお、野菜の栽培の始め方については、当サイトの
マイホームで野菜を育てよう。子供の好き嫌いもこれで解決。
で解説しております。宜しければ合わせてご参照ください。

また、我が家で、双子も私たち夫婦も愛用している、座高の調整・姿勢を矯正するのに役立つバランスクッションはこちらです。子供の姿勢をよくするにはもちろん、腰痛予防やインナーマッスルを鍛えるのにも役立つので、買ってよかったなと個人的にも気に入っています。興味がある方はチェックしてみてください。
↓↓詳細をこちらに載せておきますね

 

では、最後までお読みくださいましてありがとうございました。

マイホームで野菜を育てよう。子供の好き嫌いもこれで解決。
マイホームで野菜を育てよう。子供の好き嫌いもこれで解決。こんなことで悩んだことありませんか。 しかし、これらの悩みを解決するのは難しいですよね。 その解決方法とはずばり、お家で野菜...
今日から子供が賢くなる!親子で散歩して得られる5つの効果。普段、お家の近くを散歩することはありますか。 習慣としてすでに早朝にランニングをする方は増えていますよね。 では、あなたはお...
IHクッキングヒーターとガスコンロ。 選び方のコツまとめ。こんにちは。 お家を建てたりリフォームするにあたり、キッチンは重要ポイントです。今はIHにするか、ガスコンロにするかで悩まれる方も...
冷蔵庫の位置は奥か手前か。キッチンの使い勝手を良くするのはこれ。マイホーム計画中、キッチンの間取り決めで悩みがちなこと色々ありますよね。その中でも、特に頭を悩ますのが、 「冷蔵庫の位置」です。 ...

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村